サポートハウス虹

ブログ

現場


 急に寒くなりました。室内温度2℃の我が家は凍えそうな寒さです。非行生徒は、暑さ寒さに強いのですが、私も非行生徒と同じく、これまで薄い夏布団で1年中過ごしていましたが、年齢のせいでしょうか。今年は寒くてたまらず布団を1枚追加した次第です…。

 さて、先日の自宅訪問で全身ダニに噛まれ、あげくのはてにはしらみ駆除をしながら、体を張って仕事をしております。痒さで夜中目が覚める度に、こんな思いを子どもはしていたのかと、改めて子どもの置かれた環境が理解できるのです。たかが痒みですが、夜も眠れず、集中もできず。あげくのはてには、臭いと言われ。学校でどんな思いで教室にいるのだろうか。根性なしの私は病院へ行きましたが、病院へ行くことがはたしてできたのだろうか。ふと、そう考えております。

 周りの大人はわかったふりをして、実はわかってくれない。子ども達の訴えが聞こえてくるような気がします。

 しかし、厳しい現実は、誰もあなたの過去や生い立ちは理解しない。だからこそ、自分をかわいそうだと逃げないでほしい。人や周りのせいにせず、ただ前だけを向け。私はそう指導するのです…。

 子どもの訴えに涙しながら、それでも妥協せず毅然と指導をする。社会を教えるには、そんな支援も大切だと思っております。

 机上の空論ではない厳しい現実の世界。もっと現場を知ってほしい。そして、本音の言葉で子どもと向き合ってほしいと思うのです。支援者が好きな、共感的理解や傾聴、綺麗な言葉ですが、社会には通じません。そう、自分を理解してくれる社会はないのです。将来、厳しいこの社会で生きていけるように、是非今の子どもへの助言を頂きたい。プロであるなら、向き合ってほしい。そう願っています。

 

感謝


 ありがたいことに、講演の反響が大きく、驚いております。

 大きなプレッシャーに立ち向かい、自分達の伝えたいことがどこまで伝わるか。不安と向き合いながら迎えた結果にスタッフ一同感謝の気持ちで一杯です。
 参加して頂きました多くの方から元気を頂いたスタッフは、自らの描く支援を元に次の日から体当たり。私としては、頼もしい限りです。

 今回2回目の講演参加をくださった方々。実は、私やスタッフの支えとなっております。納得いかないジレンマとの闘いに、こうして参加くださる方の想いに私たちが元気を頂いているのです。

 わかばの講演には、意味が存在します。私たちが伝えたい事。感じて頂ければ幸いです。

 雨の中、遠方より足を運んで頂きましたこと、心より深く感謝申し上げます。ありがとうございました。
 

 

講演終了、ありがとうございました


 講演も大盛況の中、無事終わりほっとしております。今回、たくさんの方に来て頂きありがとうございました。大変な反響の中、やはりパネルディスカッションの生の声は真実を伝える絶好の機会になったと感じております。

 今回参加された保護者の上の子が現在もひきこもりです。そして下のお子さんが、支援を受け国立大学へ進学しているのです。パネルディスカッションでは言えませんでしたが、上の子の支援者が助言したのは「行きたくなるまで待ちましょう」でした。その結果、本人は今だに家にいます。保護者は支援者にいつまで待てばいいのか?助言を求めに訪ねます。すると助言者は、「誰がここまで待てと言ったか!」と逆切れされたそうです。

 そう…。これが現実なのです。結局責任を取るのは保護者。どんな支援者に出会うかによってその子の人生は変わるのです。

 同じ支援者として、とても残念に思います。何も知らない保護者に、偉そうに助言をし責任を取らない。支援者の前に大人としてどうなのか。人間性を感じてしまうのです。

 私の助言で例えば生徒が自殺をしたなら。私は必ず責任をとるでしょう。失敗は許されない子どもの将来がかかっているのに、どうしていい加減な助言ができるのか。その結果、責任は保護者がとる。なんとも矛盾を感じてしまいます。

 だから、わかばは厳しいスタッフ養成を行います。私は自信を持って言いたい。寄り添う支援者ではない本気で向き合う支援者が必要だと。

 保護者と同様、どうすれば我が子の人生を正しく導く出会いがあるのか。実は私が知りたいのです…。

お知らせ


 寒くなりました。車の走行距離も、1年で4万5000キロ。この調子でいくと、3年で廃車になりそうな勢いです…。意外とプラプラと車を運転しながら考えるのですが、今日訪ねるべきか、学校行事と今の本人や保護者の想いを想像しながら、ぐるぐる迷う運転をしています。

 しつこいのか、はたまた今がチャンスなのか。自宅訪問一つにしても迷うことばかりです。

 人の心とは繊細なもので、したいことをするのが支援ではなく、相手が今何を考えているのかを常に描きながらチャンスを見逃さない。現場の空気は真剣そのものです。

 さて、緊急事案対応で、メールの返信や携帯への着信を頂きながらも折り返しの電話が出来ず、大変ご迷惑をおかけしております。時間の許す限り順に返信を行っておりますので、しばらくお時間を頂ければと思っております。
 
 焦りながらも、一つ一つの支援を丁寧に確実に行っていく所存です。皆さまのご協力をよろしくお願い致します。
 

講演申し込み終了のお知らせ


 台風が去ったとたん、暑くなるはずが、寒くなりました。最近では、やっと人並みに温かい食事がとれるようになりました。昨年、栄養失調で36キロまで落ちた体重も今年はどこへやら。倒れることもなくすくすくと育っております。

 さて、間近に控えたわかばの講演、多数の申し込みを頂きまして、ありがとうございました。本年度は、私がこれまで行ってきた支援の全てをご覧頂けるかと思っております。

 今回知って頂きたかったことは、「不登校生の出ない学校」の存在です。今は全国的に、クラスに2〜3人は不登校生徒がいる現状があります。しかし以外と知られていませんが、全校生徒約300名のある中学校で、3年連続不登校生徒や問題行動が全くない学校があります。勿論宮崎県内の中学校です。ましては、欠席生徒0の日が連続43日という、異常な数字を挙げた中学校なのです。今回、パネルディスカッションでお呼びしたのは、その中学校を作りあげた方々と保護者です。

 やはり、いつも思うのですが、保護者と学校、そして支援者の目的が共有され、結果が出ます。その現実を知って頂ければありがたいと思っております。

 お忙しい中、参加くださるたくさんの方にお会い出来ますことを、心より楽しみにしております。

多数のお申し込みを頂きありがとうございました。

 
 

サイト内検索

キーワードを入力して「検索」ボタンを押してください

プロフィール

 子どもに関する問題(不登校、問題行動)を解決し、結果を出す団体です。不登校は、再登校支援を行い学校へ戻します。保護者と一緒に本気で取り組む専門家の団体です。

最新のコメント

これからのイベント

イベントの登録がありません。