ぶーら・ボーラ 最新お知らせ ボランティアセンターからのお知らせです。 ja http://www.bura-vola.org/ Sun, 23 Jul 2017 19:51:25 JST bula-vola 「自分のできる思いやり・・・」 http://www.bura-vola.org/vd/center/blog/Entry/4021 先日、7月20日に南郷町にある潟上小学校の6年生16名の生徒達がハンディキャップ体験を行いました。事前学習をしてからの体験でしたが体験してみると「腰が痛〜い。見えなくて怖〜い。」など、あちこちで様々な声が聞こえていました。今回の体験に協力して下さった講師の先生、見守りボランティアの方々、ありがとうございました。体験を通して生徒達から自分のできる優しさ・思いやりが広がっていきますように! Fri, 21 Jul 2017 15:35:21 JST ふれあいリフレッシュ事業 http://www.bura-vola.org/vd/center/blog/Entry/4018  ふれあいリフレッシュ事業とはJA西都女性部西米良地区の「ふれあい弁当配布事業」と合同で行う事業で、各地区1回ずつ行っており、65歳以上の高齢者の方に公民館へ出向いていただき、健康講話や介護予防運動等をして交流を図りながら楽しく過ごしていただく事業です。 今年度は福祉健康課、教育委員会との合同開催となりました。栄養士の健康講話では、低栄養にならない為に高齢の方はどんな食品がどのくらいの量が必要なのかなど、食品サンプルを使ったりクイズ形式にしていただいたりとわかりやすくお話いただきました。 またニュースポーツ体験を行い、スカットボールを体験しました。みなさん本当にお元気でボールの転がる音とともにたくさんの笑い声が響きました。 たくさん運動した後はJA西都女性部西米良地区の方々にボランティアで健康講話に沿った栄養満点のお弁当を作っていただき、参加者みんなでメニューを確認しながら楽しくおいしくいただきました。 Fri, 14 Jul 2017 12:04:39 JST 歴史再発見の旅事業 http://www.bura-vola.org/vd/center/blog/Entry/4017  今年度も外出する機会の少ない65歳以上の方を対象に、地区の皆さんと外出を楽しみ交流を深めていただく目的で歴史再発見の旅事業を行っています。今年度の旅で15年目を迎えました。今回は西都市銀鏡方面の西米良とゆかりのある場所を訪れており、前半4地区を終了しました。身近な岩永姫の神話などにバスの中でも終始会話がはずみ、参加いただいた方もとても楽しそうにされています。ご協力いただいている各施設関係者の皆様ありがとうございます。残り5地区、よろしくお願いいたします。 Fri, 14 Jul 2017 11:46:06 JST 村所小学校との交流事業を開催しました! http://www.bura-vola.org/vd/center/blog/Entry/4016  7月11日(火)に村所小学校の全校生徒と各地区の老人クラブから33名のみなさんにお越しいただき、交流事業を開催しました。当日は、9月のメラリンピック(村の運動会)へむけて西米良音頭のご指導をいただき、その後ふれあい給食会を行いました。1年生も初めての西米良音頭に老人クラブのみなさんや、上級生の踊る姿をキラキラした目で追い、一生懸命覚えようとする姿がとても印象的でした。ふれあい給食会では、老人クラブのみなさんも大変喜ばれていました。 Fri, 14 Jul 2017 11:39:10 JST 第4回 サロンリーダー養成講座を開催しましました http://www.bura-vola.org/vd/center/blog/Entry/4014  第4回 サロンリーダー養成講座を、7月7日(金)に開催しました。今回は、サロンに役立つレクリエーションとして、講師にあやとり同好会の中武英則氏を招き、簡単にできる皿まわしやあやとりの実技を行いました。 皿まわし作成後、いざ、皿まわしに挑戦。早くコツをつかみ、簡単に回される方もいれば、中々皿が回らず悪銭苦闘の方もいて、参加された方々はみな童心に帰り楽しそうでした。次は、あやとりに挑戦です。子供の頃遊んだあやとりとは少し違い、難易度の高いあやとりに奥深さを学びました。 今回、初めてサロンリーダー養成講座を4回実施しましたが、他の地域の活動状況を知ることや企画や運営の仕方、出前講座の活用などを学ぶことは、今後サロンを継続するうえで参考にできたと思います。これからも地域の方々へ協力を仰ぎ、サロンの自立を進めていきたいと思います。  Thu, 13 Jul 2017 18:11:15 JST 第2回 ふくし塾 http://www.bura-vola.org/vd/center/blog/Entry/4010 平成29年7月10日(月)高鍋町社会福祉協議会では、共同募金助成事業の一貫として、たかなべふくし塾第2回目を開催しました。今回のテーマは「我が家での防災対策・防災訓練」NPO宮崎県防災ネットワーク防災士からの講話を18名が受講しました。「家庭内の安全確保」を主なテーマとしてグループワークにて演習を行いました。家庭や地域の中で、災害を恐れるのではなく、日頃の心構えや、備蓄の準備、日頃からの危機管理の大切さを学びました。 Tue, 11 Jul 2017 14:59:11 JST 第3回 サロンリーダー養成講座を開催しました http://www.bura-vola.org/vd/center/blog/Entry/4001  6月30日(金)に、「第3回 サロンリーダー養成講座」を開催しました。今回は、サロンで役立つ楽しいレクリエーションとして、講師に福祉レクリエーションワーカーの坂元恵子氏を招き実施しました。 介護予防運動として、7種類のレクリエーションを実施しましたが、どれも高齢者の方が無理なく楽しめるものばかりで、参加された方からは、「楽しかった」とか「サロンでもやってみたい」などの声が多く聞かれ、今後サロン運営していくための参考にしていただけたと思います。 Mon, 03 Jul 2017 16:56:57 JST 第2回 サロンリーダー養成講座を開催しました http://www.bura-vola.org/vd/center/blog/Entry/4000  6月22日(木)に、「第2回 サロンリーダー養成講座」を開催しました。今回の講座は、サロンの企画や手配の仕方について学びました。 講師の方から企画運営の基礎や企画の仕方について学んだ後、ワークショップを行いました。それぞれの班で意見を出し合い、それを模造紙にまとめ、発表するという工程で実施しましたが、ワークショップを初めて行った方も多い中、参加された方は皆熱心に取組まれ、サロンに対しての熱意が感じられた有意義な講座でした。 Mon, 03 Jul 2017 16:50:44 JST 7月からのボランティア体験月間スタート! http://www.bura-vola.org/vd/center/blog/Entry/3999 6月30日、7月からのボランティア体験月間にむけて、清武地域では、新品のタオル・石鹸の募集箱を清武町ボランティア連絡協議会のメンバー15名で作成し、20カ所の地域に設置しました。7月から9月までの3ヶ月間、皆様のご協力をお願いします。 Mon, 03 Jul 2017 14:55:12 JST 出前防災講座を開催しました! http://www.bura-vola.org/vd/center/blog/Entry/3998 6月20日、宮崎市清武総合支所において清武地区・加納地区・田野地区民生委員児童委員協議会の3地区合同研修会が開催され、今回、大震災の教訓「自助・共助の大切さ」をテーマに防災講座を行いました。それぞれが自分の地域をイメージしながら90分の講座を真剣に聞いておられました。 Mon, 03 Jul 2017 14:47:07 JST 福祉ふれあい教室を行いました http://www.bura-vola.org/vd/center/blog/Entry/3997  6月に開催した福祉ふれあい教室。宮崎学園短期大学生20名、宮崎保健福祉専門学校生20名の計40名が参加しました。ボランティア講座・ハンディキャップ体験・災害ボランティア活動の模擬訓練など2時間では、時間が足りず忙しい内容となりましたが、皆さん熱心に参加し、頼もしく感じました。 Mon, 03 Jul 2017 14:31:30 JST 第11回傾聴ボランティア養成講座スタートしました! http://www.bura-vola.org/vd/center/blog/Entry/3996 6月よりスタートした傾聴ボランティア養成講座は、23名の受講生でスタートしました。今回で11年目を迎える講座、新たな内容で開催しています。清武地域に関わらず、宮崎市の広い地域から集い、この6回講座に挑戦中です。皆さん、がんばっていきましょう! Mon, 03 Jul 2017 14:15:34 JST 宛名書きボランティアの紹介 http://www.bura-vola.org/vd/center/blog/Entry/3993 ◆宮崎市社会福祉協議会佐土原支所では、地域の見守りの1つとして、一人暮らし高齢者へ誕生日ハガキを誕生日前日に郵送しています。この「ふれあいはがき」事業は平成16年度より取り組んでいる活動であり、平成28年度は425名の方に送ることができました。お便りを心待ちされている方もおられ、「可愛らしいことばで綴られており、元気がでてとても嬉しい。ぜひ続けて欲しい。」と好評です。町域小学校の生徒さんが、こころを込めて書かれたふれあいハガキの表に、毎月1回「宛名書きボランティア」さん4名が、さらに、こころを込めて宛名を書いてくださいます。この事業は、民生委員さんや学校の先生、生徒、書き損じハガキを提供していただく方々も含め、目に見えないたくさんの方々の協力で成り立っています。 Fri, 30 Jun 2017 08:23:24 JST 福祉体験 http://www.bura-vola.org/vd/center/blog/Entry/3992 平成29年6月23日(金)高鍋町社会福祉協議会老人福祉館にて高鍋東中3年生(16名)と点訳サークルおすずの会員9名、視覚障害者福祉会長・副会長にて福祉体験を行った。点字では点字器やパソコンを使って文字を打つ体験で点字の仕組みを学んだ。視覚障害者の講話では、火花を触読される姿を実際に見てそのスピードの速さに学生も感激していた。一緒に交流を図る事で、点字に興味を持ったり、自分たちで出来る事をみつけ他人を思いやり「やさしい地域づくり」を目指す講座になった。 Thu, 29 Jun 2017 10:18:11 JST 福祉体験 http://www.bura-vola.org/vd/center/blog/Entry/3991 平成29年6月23日(金)高鍋町社会福祉協議会ディサービスセンターにて高鍋東中3年生(15名)と利用者さんとレクレーション活動交流体験(物おくりゲーム)を行った。学生からのサプライズの合唱演奏には涙され喜ばれる利用者さんもおられた。高齢者とコミニケーションをとりながら、自分の事だけでなく周りの人も大切に思いやる気持ちや、福祉の大切さを学びました。 Thu, 29 Jun 2017 10:12:39 JST 福祉体験 http://www.bura-vola.org/vd/center/blog/Entry/3990 平成29年6月15日(木)、高鍋町社会福祉協議会では、高鍋町地域包括支援センターとともに福祉教育として高鍋西中3年生(90名)に認知症サポート養成講座を実施した。高齢者と家族の実態を理解してもらうために寸劇や、認知症の家族の講話を通して、認知症の方への対応や、接し方を学んだ。認知症について正しく知る事で自分たちで出来る事を見つけ他人を思いやり、「やさしい地域づくり」を目指す講座となった。 Thu, 29 Jun 2017 10:06:20 JST 福祉体験 http://www.bura-vola.org/vd/center/blog/Entry/3989 平成29年6月8日(木)高鍋町社会福祉協議会では、福祉教育として高鍋西中3年生(90名)に車イス・アイマスク・高齢者疑似体験を実施した。体験を通して、障がいのある方や高齢者の立場になって考えると同時にそのサポートを学ぶ事で、見守りのできる「やさしいまちづくり」について考えることを目的として行った。 Thu, 29 Jun 2017 10:04:11 JST 第1回ふくし塾 http://www.bura-vola.org/vd/center/blog/Entry/3988 平成29年6月12日(月)高鍋町社会福祉協議会では、共同募金助成事業の一貫として、たかなべふくし塾第1回目を開催しました。今回のテーマは「オール電化で電気の上手な使い方」九州電力(株)高鍋営業所ホームアドバイザー2名と講師1名から26名の受講生とともに節電の仕方や電力について学びました。IHミニ講座では、簡単に出来るおやつ豆腐ドーナツを作られ「美味しい」とみなさん喜ばれていました。 Thu, 29 Jun 2017 10:01:12 JST 福祉体験 http://www.bura-vola.org/vd/center/blog/Entry/3987 平成29年6月1日(木)高鍋町社会福祉協議会では、福祉教育として高鍋西中3年生(90名)に視覚障害者の会長からの講話(体験談・生活の様子など)障害に向き合い立ち直られた話、目が不自由でも何にでもチャレンジされる強さや、困難にぶつかった時の乗り越え方など話される。その後、ピアノ演奏や学生と一緒に合唱され交流を図る。又、高鍋社会福祉協議会職員より「障害について考える」で、一人ひとりそれぞれの考え方生き方を尊重し「ともに生きる力をみんなが」「幸せになる事をみんなで」考えていくを目的に講話を行った。 Thu, 29 Jun 2017 09:58:57 JST 福祉体験 http://www.bura-vola.org/vd/center/blog/Entry/3986 平成29年5月11日(木)高鍋町社会福祉協議会職員と、高鍋点訳サークル「おすず」の会員、視覚障がい者福祉会会長が講師となり、高鍋町東小6年生(111人)に福祉体験を実施した。車イス体験では、車椅子の操作や、車イスを使う人の気持ちになって、やさしい気持ちで接する事や、他人を思いやり住みやすい地域づくりについて考えることができた。 Thu, 29 Jun 2017 09:55:08 JST