ぶーら・ボーラ 最新投稿記事 登録団体の各ブログより最新投稿記事を掲載しています。 ja http://www.bura-vola.org/ Wed, 24 Jan 2018 20:54:02 JST bula-vola 雪遊び楽し〜い* http://www.bura-vola.org/vd/a451756/blog/Entry/4136 新年初めての風の子ブログ、明けましておめでとうございます!本年も宜しくお願い致します!年が明けて新学期は雪でのスタートとなりました*鞍岡の冬はすごいですね! 雪がふわふわでキレイな雪景色に何枚も写真を撮りました!始業式から帰ってきた子どもたちは早速雪遊び。雪合戦、ソリ、かまくら作りに一生懸命でした☆スタッフも一緒になって雪だるまやかまくら作りに夢中で、完成させたかったのですが時間が足りませんでした! 積雪のため学校がお休みになったりと大変でしたが…雪で大はしゃぎの子どもたちでした!!まだまだ雪は溶けないので毎日雪遊びで楽しんでいます*(^o^)* 寒さも本番になったので手洗いうがいをして体調に気をつけましょう!! Wed, 24 Jan 2018 09:33:05 JST ふゆやすみたのしみ〜ヾ(@⌒ー⌒@)ノ http://www.bura-vola.org/vd/a451756/blog/Entry/4135 朝氷点下になることも多くなり、自然学校内の金魚の水が夕方までとけずに子ども達は帰ってくると楽しそうに遊んでいます。 「冷たくない?」と聞くと「だいじょーぶ!!」って何が大丈夫なのかよく分からない返事が返ってくるのですけど・・・寒さより楽しい方が勝っているのでしょうが、こちらは風邪ひかないか心配になります(^_^;) クリスマスツリーを飾りました♪ ちょっと飾りが物足りなかったので折り紙を使ってかわいく仕上がりました。みんなサンタさんになにをお願いしたのでしょうかねぇ♪ Wed, 24 Jan 2018 09:29:28 JST つむじ http://www.bura-vola.org/vd/nizi/blog/Entry/4134  寒くなったり暑くなったり。はたまたインフルエンザの大流行。皆さまはどうお過ごしでしょうか? 石の上にも3年。最近は、この言葉が繰り返し頭をよぎっております。SSWは7年、労働局は3年勤務しておりますが、今になってようやく自分の支援ができるようになった気がしております。 余裕ができたのか今日は「つむじ」の話です。最近、初めてヘッドスパに行きました。そこで指摘されたのが、私はつむじが2つあることです。よく考えれば理容師をしていた母が「渦巻きが2個あるから、言うことをきかんのやろうか」と言っていたのを思い出します。調べてみたところ、つむじが複数ある人は、世界人口のわずか4%、日本人の90%が1つのつむじ。7%が2つあり、3%が3つあるらしいのです。つむじが2つの有名人は、イチロー、内村航平、平井堅、太田光とのこと。嬉しいのか、悲しいのか。独特の個性派ぞろいのようです。 昔の人は、「親の言うことを聞かない子」そう言っていたようです。なにはともあれ、似てることは、人から嫌われてもやりたいことをやっていることぐらい。 手相占い、血液型占い、たくさんありますが、根拠のないデータには、上善水の如しでなく、鮭の川登でいきたい所存です。  Wed, 24 Jan 2018 00:46:48 JST 西中坪お達者クラブ『蕎麦打ち』体験! http://www.bura-vola.org/vd/ayavc/blog/Entry/4132 日時:平成30年1月18日(木)9:30〜場所:西中坪公民館西中坪お達者クラブでは、講師をお招きして『蕎麦打ち』体験を行いました。そば粉は、綾町高年者クラブが栽培したそば粉を利用し、講師のご指導により大変美味しいお蕎麦ができあがりました。 Thu, 18 Jan 2018 17:04:17 JST 炊き出し訓練を実施しました! http://www.bura-vola.org/vd/ayavc/blog/Entry/4130 日時:平成30年1月6日(土)午前6時30分から午後1時内容:300食分の豚汁、おにぎりの炊き出し今年もボランティア団体の皆さんを中心に炊き出し訓練を消防始め式にあわせ実施しました。各ボランティア団体(延べ53名)、中学生ボラ(7名)の参加頂き、早朝より活動いただきました。寒い中ご参加いただきまして、ありがとうございました。 Mon, 15 Jan 2018 11:39:17 JST 平成30年 新年のつどいご案内 http://www.bura-vola.org/vd/miyazaki/blog/Entry/4129 公益財団法人 野村生涯教育センター平成30年 新年のつどいテーマ  生涯教育    危機的時代をどう生きるか 皆さま、新しい年をどのようにお迎えでしょうか。 昨年、国内外共に激動の年でした。 深刻化する異常気象、さまざまな地域で起こるテロ、緊張を増す中東、東アジア情勢など、ますます危険な状況に陥っていったように思います。 こういった緊迫する世界情勢の中で、日本はどのように進んでいこうとしているのか、今本当に問われています。 それぞれの国のあり方が、世界に与える影響の大きさと速さを、痛切に感じます。こういった問題を、私たちは国の犠政者の問題と思いがちです。 しかし、その国のトップを決めるのは、庶民の意識、考えの反映でもあるはずです。 だとしたら私たち庶民は、この危機的状況にどうあったらいいのでしょうか。 時代の流れに翻弄されることなく、踏みとどまり、現実を冷静に見極め、人間にとって本当に大事なものは何なのか。一人ひとりが自ら考えることが大切なことなのではないでしょうか。 「生きる」という目的を共有した時代に出会った私たちが、その自覚に立ち、どう生きるべきかを真剣に考え合いたく、上記のテーマの下、新年のつどいを開催いたします。 皆さまのご参加をお待ちしております                            記  内 容  DVD映写「第10回記念生涯教育国際フォーラム」       提 言       全体討議日 時  平成30年1月27日(土)10:00〜15:00 会 場  宮崎市民プラザ 4階 和室         宮崎市橘通西1-1-2 Tel 0985-24-1008 参加費  1,500円(参加費500円、弁当代700円、茶菓子代300円)  主 催  公益財団法人 野村生涯教育センター       野村生涯教育センター宮崎支部問い合せ先公益財団法人 野村生涯教育センターTel 03-3320-1861(代) URL:www.nomuracenter.or.jp野村生涯教育センター宮崎支部Tel 0985−50−8001 Fax 0985−50−8002  Email:miyazaki@nomuracenter.or.jp※お子様は幼児教育部があります。申し込み締切日 1月24日(水)            Tue, 09 Jan 2018 14:29:16 JST 1月の定例会 http://www.bura-vola.org/vd/nobinobi-wayen/blog/Entry/4128  昨年は多くの方に寄付を頂いたりと、皆様に支えていただいた1年となりました。有り難うございました。 少しでも助けを求める方の力になれるよう、今年もできる限りのことをしていきます。宜しくお願い致します。 今現在、4月からのフリースペースの維持が困難な状況です。助成金情報等、何かアイデアがあれば教えて下さい!〇1月の定例会【ふり〜たいむ】 10:30〜12:3010日(水)、24日(水) *生きづらさを抱えた当事者メイン(どなたでもOK)-----【交流会(不登校)】11日(木)13:00〜15:00、25日(木)19:30〜21:00*学校に行かない・行けないお子さんのいる家族の方メイン(関係者OK)-----【交流会(ひきこもり)】19日(金)13:00〜15:00*ひきこもっているご家族のいる方がメイン(年齢制限なし、関係者OK)-----【茶話会】20日(土)18:30〜20:30*生きづらさを抱える当人メイン(18歳以上、同伴者OK)---------- 〇各集まり、参加の際は事前に連絡頂けると助かります。時間に遅れる場合は、必ず連絡下さい(特に夜間の集まりの場合は、参加者がないと早めにひきあげることがあります)。 〇運営費として、100円からの小銭カンパにご協力ください! Thu, 04 Jan 2018 10:46:12 JST あけましておめでとうございます http://www.bura-vola.org/vd/nizi/blog/Entry/4123  年末年始は、飲み会だらけ。久しぶりのブログです。忘年会は、週4日。同じ日に飲み会が重なっても、一次会はここ。二次会はあっち。時間単位で移動しております。出席率、ほぼ100%。なんの自慢やらわかりませんが、呼ばれれば必ず参加しております。 さて、歳でしょうか。最近は、記憶が途切れ、お金を払ったのかさえ覚えてない始末。次の日、菓子折りとお金を持っていくのですが、意外と払っているのです。驚きながらも記憶がない。困ったもんです。 さてさて、今年の正月は友人と厳島神社へ行き、明治維新の土台を築いた吉田松陰を訪ねてプチ旅行へ行って参りました。わずか29歳で亡くなった松陰の小さな小さな家が、大きな偉人を生み出し、そして今の時代がある。何とも感慨深いものです。しかし、余韻に浸る暇もなくおみくじを引き、生まれて初めての「凶」。これ以上、何が起こるのだろうか…。反対に楽しみに思えてきております。 今年も全力でまいります。どんな子ども達も学校へ、そして社会へ返します。サポートハウス虹の本気の支援をとくとご覧ください。  Wed, 03 Jan 2018 02:20:43 JST ☆寒くても元気いっぱい☆ http://www.bura-vola.org/vd/a451756/blog/Entry/4115 冬の季節がやって来て子どもたちはお部屋にこもるのかと思いきや…元気にお外で遊んでいます。走りながら帰って来る子の中には暑い暑いと言いながら半袖の子もいます。すごい!     最近ではダンボール遊びが人気で、皆で大きなダンボールに入って船やお家を一生懸命作っていました。他にも男の子は戦いごっこをしながら鉄砲を作って合体させて改造するなど個性溢れる鉄砲になっていました☆またクロスワードに付いている塗り絵も大人気でした。記号を塗りつぶすと絵が浮き上がってくるのがくせになるのか同じ絵に何度も挑戦している子がいて私も一緒になって夢中に塗りました(^^)本格的に寒くなってきましたが、風邪やインフルエンザにならないように気をつけましょう!byゆきちゃん Mon, 18 Dec 2017 09:57:09 JST 更新のお知らせ http://www.bura-vola.org/vd/nobinobi-wayen/blog/Entry/4113 Webサイトを更新しました。通信138号の内容を一部抜粋して載せています。http://space.geocities.jp/wayen_hp/*16日(土)18:30からの『茶話会』は通常通り行います。(開始30分しても誰も来ないようなら、切り上げます。遅れる場合は事前に連絡ください。) Fri, 15 Dec 2017 14:44:53 JST 現場 http://www.bura-vola.org/vd/nizi/blog/Entry/4112  急に寒くなりました。室内温度2℃の我が家は凍えそうな寒さです。非行生徒は、暑さ寒さに強いのですが、私も非行生徒と同じく、これまで薄い夏布団で1年中過ごしていましたが、年齢のせいでしょうか。今年は寒くてたまらず布団を1枚追加した次第です…。 さて、先日の自宅訪問で全身ダニに噛まれ、あげくのはてにはしらみ駆除をしながら、体を張って仕事をしております。痒さで夜中目が覚める度に、こんな思いを子どもはしていたのかと、改めて子どもの置かれた環境が理解できるのです。たかが痒みですが、夜も眠れず、集中もできず。あげくのはてには、臭いと言われ。学校でどんな思いで教室にいるのだろうか。根性なしの私は病院へ行きましたが、病院へ行くことがはたしてできたのだろうか。ふと、そう考えております。 周りの大人はわかったふりをして、実はわかってくれない。子ども達の訴えが聞こえてくるような気がします。 しかし、厳しい現実は、誰もあなたの過去や生い立ちは理解しない。だからこそ、自分をかわいそうだと逃げないでほしい。人や周りのせいにせず、ただ前だけを向け。私はそう指導するのです…。 子どもの訴えに涙しながら、それでも妥協せず毅然と指導をする。社会を教えるには、そんな支援も大切だと思っております。 机上の空論ではない厳しい現実の世界。もっと現場を知ってほしい。そして、本音の言葉で子どもと向き合ってほしいと思うのです。支援者が好きな、共感的理解や傾聴、綺麗な言葉ですが、社会には通じません。そう、自分を理解してくれる社会はないのです。将来、厳しいこの社会で生きていけるように、是非今の子どもへの助言を頂きたい。プロであるなら、向き合ってほしい。そう願っています。  Tue, 12 Dec 2017 22:25:39 JST ☆かわいいお花をいただきました☆ http://www.bura-vola.org/vd/a451756/blog/Entry/4102  五ヶ瀬町内の小学校から、かわいいお花をいただきました。写真では分かりにくいのですが、鉢のところにお手紙を書いてくれています。少しでも長く花が咲いてくれるといいですね♪ 自分達で持って帰ってきたどんぐりでコマを作っていたので写真を撮らせてもらいました。世界に1つしかない自分だけのコマを一生懸命作り、誰が一番長く回るか競争しては盛り上がっていました。女の子は可愛く色を塗っているのですが、男の子はどんぐりの横にもつまようじをさしてかっこよく仕上げたりしていたのですが、いざ回すと思ったより回らない・・・それでもみんな満足げだったので良しとしましょう(^-^) Mon, 04 Dec 2017 12:03:21 JST ハロウィンパーティー、仮装して盛り上がりました☆ http://www.bura-vola.org/vd/a451756/blog/Entry/4101 11月2日にハロウィンパーティーを開催しました!当日までに毎日コツコツ衣装を作る子どもたち(^o^)とんがり帽子をかぶったり、ネックレスをつけたりと個性あふれる衣装で自分だけのオリジナル衣装を着てパーティをしました♪4・5・6年生はかつらやお面をつけて参加!怖いお面に泣いちゃう子もいましたが面白い仮装をお互いに見ながら笑っていました!グループごとに協力して風の子に隠れたかぼちゃやおばけを探すゲーム☆皆走りながら必死に探していましたが、見つけるのに苦戦している様子で、隠した場所が難しかったかな…と少し反省しました(T_T)ごめんなさい… Mon, 04 Dec 2017 11:59:07 JST 平成29年度12月野村生涯教育講座ご案内 http://www.bura-vola.org/vd/miyazaki/blog/Entry/4100 公益財団法人 野村生涯教育センター平成29年度 12月野村生涯教育講座ご案内     野村佳子生涯教育論テーマ  第5章 生涯教育のめざすもの      世界の中の日本の役割  私にとって幸福・自由・平等・尊厳・平和とは講 師 公益財団法人 野村生涯教育センター講師内 容 午前 講  義     午後 全体討議日 時 平成29年12月16日(土) 10:00〜15:00会 場 宮崎公立大学 交流センター 会議室       宮崎市船塚1丁目58番地   Tel 0985-20-4772参加費 年間8,000円(後期4,000円)主 催 公益財団法人 野村生涯教育センター野村生涯教育センター宮崎支部お問合せ先公益財団法人 野村生涯教育センター本部Tel 03-3320-1861URL:www.nomuracenter.or.jp野村生涯教育センター宮崎支部Tel 0985-50-8001 Fax 0985-50-8002Email:miyazaki@nomuracenter.or.jp Fri, 01 Dec 2017 14:39:28 JST 12月の定例会 http://www.bura-vola.org/vd/nobinobi-wayen/blog/Entry/4099 11月の定例会は、1名の参加者がありました。 小学校2年生のお子さんが学校に行かない(行けない)とのことで、ご夫婦で相談に来られました。1時間ほど話して、「学校に行かない」というお子さんの意思を尊重する決意をされたようです。 学校がすべてではありません。何がお子さんにとってよいことなのか、お子さんの気持ちも聞きながら、考えてほしいと思います(不登校経験者としても、お願いします)。*年末のため、普段の日程より若干の変更があります。第2、第3水曜日「ふり〜たいむ」 13日・20日 10:30〜12:30 対象:当事者(保護者同伴OK)第1、第3木曜日「交流会(不登校)」 7日 13:00〜15:00 21日 19:30〜21:00 対象:学校に行かない・行けないお子さんを抱えられたご家族の方(関係者OK)第3金曜日「交流会(ひきこもり)」 15日 13:00〜15:00 対象:ひきこもっているご家族がいらっしゃる方(関係者OK)第3土曜日「茶話会」 16日 18:30〜20:30 対象:生きづらさを抱える当人メイン(高校生以上)*各集まり、運営費として100円から(小銭カンパのご協力お願いします!)*フリースペースは可能な限り開放しています。玄関扉が開いているときは、お気軽にお声かけください。定例会の詳細については、スケジュールにてご確認下さい。(http://space.geocities.jp/wayen_hp/ Fri, 01 Dec 2017 10:52:28 JST 感謝 http://www.bura-vola.org/vd/nizi/blog/Entry/4097  ありがたいことに、講演の反響が大きく、驚いております。 大きなプレッシャーに立ち向かい、自分達の伝えたいことがどこまで伝わるか。不安と向き合いながら迎えた結果にスタッフ一同感謝の気持ちで一杯です。 参加して頂きました多くの方から元気を頂いたスタッフは、自らの描く支援を元に次の日から体当たり。私としては、頼もしい限りです。 今回2回目の講演参加をくださった方々。実は、私やスタッフの支えとなっております。納得いかないジレンマとの闘いに、こうして参加くださる方の想いに私たちが元気を頂いているのです。 わかばの講演には、意味が存在します。私たちが伝えたい事。感じて頂ければ幸いです。 雨の中、遠方より足を運んで頂きましたこと、心より深く感謝申し上げます。ありがとうございました。   Wed, 22 Nov 2017 23:48:11 JST サロンサポーター救命講座を受講! http://www.bura-vola.org/vd/ayavc/blog/Entry/4095 日時:平成29年11月20日(月)14:00〜15:30場所:高年者研修センター『「救える命」を救うために、あなたにもできることがあります!!』 今回は、日頃サロン活動でお手伝い頂いているサロンサポーター・シルバーボランティアの皆さんを対象に、宮崎市消防局応急手当研修センターより講師をお招きし救命入門(90分コース)のご指導を頂きました。 参加者は、手順を一つひとつ確認しながらAEDの操作を体験され、また「AEDはどこに設置されているのだろう」と参加者同士確認されていました。  Mon, 20 Nov 2017 17:05:12 JST 講演終了、ありがとうございました http://www.bura-vola.org/vd/nizi/blog/Entry/4094  講演も大盛況の中、無事終わりほっとしております。今回、たくさんの方に来て頂きありがとうございました。大変な反響の中、やはりパネルディスカッションの生の声は真実を伝える絶好の機会になったと感じております。 今回参加された保護者の上の子が現在もひきこもりです。そして下のお子さんが、支援を受け国立大学へ進学しているのです。パネルディスカッションでは言えませんでしたが、上の子の支援者が助言したのは「行きたくなるまで待ちましょう」でした。その結果、本人は今だに家にいます。保護者は支援者にいつまで待てばいいのか?助言を求めに訪ねます。すると助言者は、「誰がここまで待てと言ったか!」と逆切れされたそうです。 そう…。これが現実なのです。結局責任を取るのは保護者。どんな支援者に出会うかによってその子の人生は変わるのです。 同じ支援者として、とても残念に思います。何も知らない保護者に、偉そうに助言をし責任を取らない。支援者の前に大人としてどうなのか。人間性を感じてしまうのです。 私の助言で例えば生徒が自殺をしたなら。私は必ず責任をとるでしょう。失敗は許されない子どもの将来がかかっているのに、どうしていい加減な助言ができるのか。その結果、責任は保護者がとる。なんとも矛盾を感じてしまいます。 だから、わかばは厳しいスタッフ養成を行います。私は自信を持って言いたい。寄り添う支援者ではない本気で向き合う支援者が必要だと。 保護者と同様、どうすれば我が子の人生を正しく導く出会いがあるのか。実は私が知りたいのです…。 Sat, 18 Nov 2017 21:55:45 JST お知らせ http://www.bura-vola.org/vd/nizi/blog/Entry/4093  寒くなりました。車の走行距離も、1年で4万5000キロ。この調子でいくと、3年で廃車になりそうな勢いです…。意外とプラプラと車を運転しながら考えるのですが、今日訪ねるべきか、学校行事と今の本人や保護者の想いを想像しながら、ぐるぐる迷う運転をしています。 しつこいのか、はたまた今がチャンスなのか。自宅訪問一つにしても迷うことばかりです。 人の心とは繊細なもので、したいことをするのが支援ではなく、相手が今何を考えているのかを常に描きながらチャンスを見逃さない。現場の空気は真剣そのものです。 さて、緊急事案対応で、メールの返信や携帯への着信を頂きながらも折り返しの電話が出来ず、大変ご迷惑をおかけしております。時間の許す限り順に返信を行っておりますので、しばらくお時間を頂ければと思っております。  焦りながらも、一つ一つの支援を丁寧に確実に行っていく所存です。皆さまのご協力をよろしくお願い致します。  Mon, 13 Nov 2017 23:36:45 JST 講演申し込み終了のお知らせ http://www.bura-vola.org/vd/nizi/blog/Entry/4091  台風が去ったとたん、暑くなるはずが、寒くなりました。最近では、やっと人並みに温かい食事がとれるようになりました。昨年、栄養失調で36キロまで落ちた体重も今年はどこへやら。倒れることもなくすくすくと育っております。 さて、間近に控えたわかばの講演、多数の申し込みを頂きまして、ありがとうございました。本年度は、私がこれまで行ってきた支援の全てをご覧頂けるかと思っております。 今回知って頂きたかったことは、「不登校生の出ない学校」の存在です。今は全国的に、クラスに2〜3人は不登校生徒がいる現状があります。しかし以外と知られていませんが、全校生徒約300名のある中学校で、3年連続不登校生徒や問題行動が全くない学校があります。勿論宮崎県内の中学校です。ましては、欠席生徒0の日が連続43日という、異常な数字を挙げた中学校なのです。今回、パネルディスカッションでお呼びしたのは、その中学校を作りあげた方々と保護者です。 やはり、いつも思うのですが、保護者と学校、そして支援者の目的が共有され、結果が出ます。その現実を知って頂ければありがたいと思っております。 お忙しい中、参加くださるたくさんの方にお会い出来ますことを、心より楽しみにしております。 多数のお申し込みを頂きありがとうございました。   Thu, 02 Nov 2017 02:31:30 JST